個人輸入の初心者はじめの一歩はセカイモンで。

 

個人輸入の方法は、買い物代行、転送代行

直で、ebay英語取引などたくさんあるのですが、

まずは、日本語で可能な個人輸入の有名どころのセカイモンを

ご紹介します。

 

     
セカイモンとは・・・・

   アメリカの巨大オークションサイト。
   ebay公認の日本向けサービス。
   入札や決済、輸入通関手続きと配送の代行サービスを
   日本語で、提供しています。

 

アメリカのebayは、およそ2億点の商品数が

うごめく巨大な市場です。

日本では手に入らないレアなアイテムが、所狭しと

並ぶオークション。 しかしながら、売り手とのやり取りは

英語なので、ちと、敷居が高い(というか、筆者にとってはモンブラン級の険しさ)

 

ですが、その英語でのやり取りや、検品などを

かわりにやってくれちゃう 素敵なサービスがセカイモン。

 

セカイモンの評判いろいろ・・知ったうえで挑みましょう。

 

セカイモン、検索をしますと、かなり悪評が噴出しています。

なかなか届かないとか、壊れていたとか、

同梱されないなど、理由はいろいろです。

 

落札してから1週間セラーが放置ということも

私は体験しました。でもそれは、セカイモン云々というわけではなく

セラーの問題ですね。

 

私の周りの友人たちは、それとは違った喜びの声が多いです。

主にバッグの個人輸入をセカイモンを通して行ってる方が多いのですが、

みんな嬉々として、レアもの、ヴィンテージものをゲットしています。

 

この評価が真っ二つに割れるわけを、考えてみましたが、

オークションに対するとらえ方、でセカイモンに対する印象も変わるのかな

と感じました。

 

あくまでも、オークションはショップではなく、

個人間のやり取り。セカイモンは、国内であれば簡単にできる

個人間のセラーとのやり取りを、海外・・・英語を挟むことによって困難が生じる方に

買いやすさを提供するものではないでしょうか?

 

実際、セラーの配送が遅いと、海外なので、その分

日本に到着するのも遅れます。

私は個人輸入前には、海外在住の友人を頼って注文していましたが、

日本の国内のような郵便事情がよいところはなかなかないそうです。

 

国内の楽天のようなものを期待して、つかうサイトではないと思います。

 

セカイモンを利用するメリット:  商品説明は日本語翻訳されています。

入札、決済、国際配送、ユーザーサポートもすべて日本語でOK。

 

デメリットではないですが、セカイモンのこれらの労働に対する対価が

発生しますが、手数料は、商品落札金額の15%もしくは、500円/個のいずれかとなります。

sekaimonhiyou1

随分経費がかかるなぁ・・・ と思われますか??

関税は、かかるものとかからないものがあります。ただ無税のものでも

ある一定の額を超えますとかかります。(このことに関してはまた別途記事を書きます)

たとえば、 Vera Bradley Bookbag Boysenberry

というバッグパックが、0ドル99セント(97円)で、出品されていますが

まんがいちこのバックパックをこの額で競り落としますと

sekaimonhiyou221111

 

このような形になっておりました。

こうしてみると良心的ですね。

まずは、目的のレアものを探してみて、実際に注文をするところからはじめます。

レアもの探せるオークションサイト → セカイモン(sekaimon)

 

セカイモン以外の個人輸入について記事は以下リンク↓

Magnetic Personality Braceletをこじん輸入.comを利用してレアものブレスレットを個人輸入

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...